ニセコにおける一戸建・コンドミニアム・土地の市場

戸建て住宅、コンドミニアム、土地

ニセコの不動産市場は、戸建て住宅、コンドミニアム、土地の3つのカテゴリーに分けられます。

Gated CommunityMnKリアルエステートのオーチャード ニセコとカントリー リゾートは、単なる別荘地ではなく、管理の行き届いたコミュニティです。時間の経過によって、ゲートを持ったコミュニティは、スタンドアローン住宅やアパートメントよりも高い収益性を生み出す傾向があります。これらのコミュニティのオーナーは、1年中楽しむことができるほか、管理サービスや敷地内の施設を利用したり、自然を楽しむスペースを持つことができます。一方、多くのスタンドアローン住宅やアパートメントでは、こうした通年型の楽しみは得られません。

ニセコのスタンドアローン住宅、特にヒラフ周辺において、街づくりの計画性がないことに対し、多くのオーナーが戸惑いを感じています。街づくりの計画が脆弱であるため、数百万ドルの家の隣に工業用コンテナや深夜まで騒がしいバーが置かれることに制約がないのです。厳格なゾーニングの欠如と、公園や広場が少ないことは、ひらふビレッジやスキー場近くの家の有用性を制約する可能性があります。一方、マスタープランのコミュニティには、構築可能な外観、サイズ、タイプの建物に関するガイドラインがあります。

on-site managementニセコのコンドミニアム市場は、収益性の高さ、スキーリフトへのアクセス、供給不足、開発者の強力なマーケティングキャンペーンによって、近年成長しています。

MnKリアルエステートでは、ひらふビレッジの中心部に26ユニットのコンドミニアムAKZORAを開発・販売しました。Akazoraは、地下駐車場、ウインターシーズンのオンサイトマネジメント、を手頃な価格で提供しています。

これから数年間に渡り、ニセコには多くの高級コンドミニアムが建築され、市場は大きく成長する予定です。高級コンドミニアム市場における現オーナーの課題は、これら新しいコンドミニアムが市場に出てきたときに、保有物件の価値を購入時のまま保持することです。ニセコでは、古いコンドミニアムは、大邸宅よりも損耗がはっきりと生じる傾向があります。また、個々のアパートメントでは、差別化が困難で、建物の維持管理が不十分な場合が少なくありません。さらに、業者がマーケティング活動ばかりに専心したり、コミッションに流されたりする傾向があります。

さまざまな理由から、ニセコにはたくさんの更地があります。まず、若者が都会指向がもたらす農業従事者の高齢化です。スキー場から半径5~30キロメートルのエリアには、十分なインフラが整備されていない安価な土地がありますが、プラスのリターンを生み出す可能性はほとんどありません。キャッシュフローを生み出す可能性は、スキー場との距離のほか、費用対効果の高いプロパティマネジメントができるかどうか関連しています。厳しい気候にある家を維持する労力とその費用を許容してでも、森の中での生活を好む方々に、MnKリアルエステートは、ご予算に合わせた土地を提供いたします。

PAGETOP
Copyright © MnK - 緑の木株式会社 All Rights Reserved.